小平にはコワーキングスペースがない。
(後日補足:2016年11月に一橋学園の商店街に働きたい女性を応援するコワーキングスペース「すだち」がオープンしたが、営業時間と私のライフスタイル諸々とが凄まじく相性が悪くて、ことごとく利用機会を逃している…)

加えて、IT関係の勉強をするために集まる丁度良い場所がない。(公共施設に関しては後述)
そういったことで、パソコン広げて勉強できる場所を探して彷徨っている。
 

そもそもどうして勉強会をしたい?

勉強会をやりたいのは、勉強をしたいという目的が半分、最終目標は違えど同じテーマで勉強している人と繋がりたいのが半分、というところ。
単純な自己研鑽目的なら都心に行けばいいのだけど、都心は本業やら転職希望者メインで息苦しい。メリットは現役のエンジニアやデザイナーと接触できるので、非常に刺激的である。ただ、このペースに私がついていけない。
これは以前運営していた勉強会にも通じるのだけれど、私は勉強することに対して下手の横好きである。そもそも勉強するのは好きだけれど、勉強がド下手くそな上になかなか学んだことを身に付けることができないので、周囲からやいのやいの言われたりデキる人のペースで進行されるとついていけない。そういった人がモチベーションを下げずに、少しずつゆっくり勉強することを生暖かく見守ってくれる場所が欲しい、というところだった。要するに「自分が参加しやすい勉強会を、自分で作る」という話だ。
そして、あわよくば「Dojoのメンターしに来てくれそうな大人はいないのか」と待ち伏せしたいのもあり、住んでいる場所(小平)の近くで開きたい、というのがある。

公共施設の弱点

以前運営していた勉強会は公民館を利用していた。
だから「だったら、別に、公民館でやれば良いんじゃないの?」というところだが、それが難しい。
理由はシンプルで、平日に開催したいからだ。
平日だと、居住地域での開催は移動時間を考慮しなければならないから、都心の勉強会と同じ時間だと集まることが難しい。出勤前か退社後の会社員でも参加出来るようにするとなると「21時以降でも参加できる」か「午前6時半〜7時半をコアタイム」となる。
公共施設は深夜早朝に使うことができない(大体9〜22時)ので、結果的に選択肢から外れる。
また、土日は、私も自分の勉強のためにあちこち巡りたい。ゆえにやりたくない。
そういったことで「電源の使えるファミレスでやればいいんじゃないの?」ということを閃く。

勉強会しても怒られなさそうな飲食店を探す

じゃあ「朝カフェ」とかに倣って、喫茶店やファミレス、電源の使える飲食店でやれば良いんじゃないの?と考える。
最近はインターネットも使える店も増えてきたし。…いや、コワーキングスペースのようには期待できないけれど、手持ちの携帯電話の契約内容によってはWi-Fiが使える店も増えてきたし、そうでなくてもテザリングなりモバイルルータを使えば接続出来なくもないし。
2016011201
ただ、そもそも長時間の滞在が禁止の店も多い。
2016011202
そりゃまあ飲食店は飲食の提供が主目的であってそれ以外は副次的なものなんだから当たり前なんだが。贅沢は言わないから2、3時間使わせて欲しい。ああ、NGの店はそれがNGなんだよね。ごめんなさい。
そういう点では「飲食店のオーナーと話して、店の休憩時間とか、客の少ない時間に利用させて貰うのはどうか」という提案も頂き、なるほどなあと思った。

金欠にも優しい開催方法を考える…

今更だが、飲食店での開催にはデメリットがある。
営業時間内の利用は当たり前なのだが、根本的に無料で利用できない。
そこで、なんといっても私が無職である。
厳密には全く仕事をしていないわけではないが、有償ボランティアに毛の生えた程度の収入しかない。勉強会のために仕事をするなど、私の信念に反する。いやだやりたくない。
とはいえ、ファミレスの良いところは深夜早朝営業であることと「ドリンクバーのみ注文」が出来る点だ。開催回数が多くなければダメージにならないだろう。
そもそもその程度の収入でなんでカネのかかる飲食店でやろうとか言いだしているんだ、この調査のために先月と今月飲食店を延々と回っていたから金欠に拍車をかけてるし、ファミレスも無料じゃないんだぞ何をしているんだ私…と、自分ツッコミで逡巡する。

そして悩む

いまさらではあるが「そもそも、自分はなんで勉強会を開きたいんだろうか、そこまでして集まりたいのだろうか」と疑問を持ち始める。
色々な目的が混在しているから落としどころが見つからなくなっているのではないか。もうちょっと問題を整理した方が良いのかも知れない。
1、2名で使う分には、ファミレスすごい便利なんだけどねえ。これでは何の活動も広がらない。さてどうしたものか。ううむ
ということで段々面倒臭くなって「まあ、しばらくは自分がノマドすることだけ考えればいいか」というところで、一旦決着する。